【文化の重層性10-2】イルミナティと神秘思想:カバラの源流メルカバとミトラス秘儀の融合

前回、ヘロデ王家を中心とするミトラス秘儀カルト集団イルミナティは混血のネットワークだという話をした。

メイキング成分はまだ足りないようで、ユダヤ教神秘主義のカバラも一枚かんでいるらしい。今回はその辺の話を追ってみよう。

スポンサーリンク


アレクサンドリアとカバラ思想

Though the Mysteries of the Mithras that came to pervade the Roman world were purportedly of Magian origin, the role of the House of Herod in its formation suggests a possible origin for the evident relationship that exists between them and the emerging form of early Jewish Kabbalah, known as Merkabah mysticism. An important source for the early penetration of these ideas, and which would continue to play an central role in the of dissemination of “Eastern” occult influences to the Western world, through to the time of the Crusades, and finally, the links between European secret societies and Islamic terrorism in our time, would be Egypt.

ローマ帝国を席巻したミトラス秘儀は、意図的にペルシャ系マギの宗教ということにされてきた。しかしヘロデ家が中心にいる以上、彼らと近い関係にあった初期カバラのメルカバ神秘主義(Merkabah mysticism)の影響を無視できない。ミトラスの「東洋的」 オカルトはエジプトを中心に整備され、西洋へ浸透していった。その影響は中世の十字軍時代を経て、現代の欧州秘密結社やイスラム系テロ組織にまで及んでいる。

Although Rome came to dominate the scene politically, it was the city of Alexandria in Egypt, that would continue to dominate culturally. Due to the numerous cultures that congregated in the city, whether Egyptian, Greek, Persian, Indian or Jewish, new esoteric creeds were formulated based on older traditions.

These various schools held in common a type of mysticism, which some scholars term Gnosticism. More correctly, these variations represented aspects of a single school, that is, Kabbalah, exercised through the influence of the substantial Jewish community that existed in the city. As Franz Cumont remarked, a great number of Jewish colonies were scattered everywhere on the Mediterranean, and “the Jews, who were acquainted with the arcana of the Irano-Chaldean doctrines and proceedings, made some of the recipes known wherever the dispersion brought them.”

当時の政治的中心はローマだったが、文化の中心はエジプトのアレクサンドリアだ。そこではエジプト、ギリシャ、ペルシャ、インド、ユダヤの伝統が混淆して新たな秘教的思想が多く生まれた。

そうした秘教思想が共通に持っていた神秘思想をグノーシス(Gnosticism)と呼ぶ。いや正確を期すなら、共通のカバラ(Kabbalah)という根から様々なグノーシスが枝分かれした。アレクサンドリアには大きなユダヤ人居住区があって、ここから地中海沿岸に点在するユダヤコミュニティに思想が広がったのだ。フランツ・キュモンによれば「イラン系カルデアの変遷や奥義に通じていたユダヤ人は、その一部の秘密を行く先々で開陳していた」。

アレクサンドリア大図書館の想像図(出典:http://streamafrica.com/culture/ancient-library-alexandria/)

エッケネ派とメルカバ神秘主義

A mystical Jewish sect existed at Alexandria, known as the Therapeutae, who were related to the more famous group, the Essenes. The Essenes were one of three main philosophical Jewish sects, the other two being the Pharisees and the Sadducees. The Essenes were regarded by their contemporaries as the heirs of Chaldean and Egyptian astronomy, and the medicine of the ancient Persians, and Philo of Alexandria compared them with the Persian Magi and the Indian Yogi.

アレクサンドリアには、エッケネ派に関係があるテラペウタイ派(”healer”の意味)という一派がいた。ユダヤ教の哲学上、エッケネ派(Eccenes)はファリサイ派、サドカイ派と並び称される宗派で、カルデアやエジプトの天文学、古代ペルシャの医学の継承者と見なされていた。アレクサンドリアのユダヤ人哲学者フィロンは、エッケネ派がペルシャのマギやインドのヨギ(ヨガ行者)に相当する存在だと考えていた。

Today, more is known since the discovery of the Dead Sea Scrolls, which scholars are generally agreed belonged originally the Essene community. According to Scholem, a leading scholar of Kabbalah, it was in apocalyptic literature, examples of which were found among the Dead Sea Scrolls, that contained the earliest evidence among the Jews of the development of Merkabah mysticism, the earliest definite appearance of Kabbalistic ideas in Judaism.

この頃のことは、エッケネ派の遺した文書がほとんどといわれる死海文書の発見により、詳しくわかってきている。カバラ学の権威ゲオルグ・ショーレムによれば、死海文書に含まれる黙示録文学にメルカバ神秘思想の萌芽が見られるという。メルカバはユダヤ教にカバラ思想が初めてくっきりと表れたかたちだといわれている。

カバラ思想の基本については以下の記事を参照されたい。

【文化の重層性11-1】神秘思想補説:カバラの基本はアインとエイン・ソフ ※現在作成中

メルカバの世界観

Early Jewish mysticism already incorporated the several tenets that were central to the cult of the Magi, including astrology, numerology and pantheism. However, it is in Merkabah mysticism that we find the first evolution of that doctrine which would become central to all the schools of Hellenistic mysticism, the ascent through the seven palaces. This mystical process involved the initiate advancing successively through the seven planetary spheres, in order to remove the astrological influence his soul had received from them on his descent into matter.

初期のユダヤ神秘思想は、ペルシャ系マギの中心教義(占星術、数霊術、汎神論など)を取り入れた。最初に独自の教義を遂げ、後にヘレニズム神秘主義の中心となったのがメルカバ神秘主義である。その中核ビジョンは七宮アセンションである。イニシエート(瞑想修行者)が天体の七宮を無事通り抜け、天へ至るというのがメルカバの神秘的プロセスだ。天上から物質界へ降下する際、イニシエートの魂は天体から占星学的な影響を受けているため、これを取り除く必要があるのである。

The purpose of Merkabah mysticism is union with the highest god, interpreted as the vision the Chariot of God, described in the first chapter of the Book of Ezekiel.

Supporting the chariot, Ezekiel described four “creatures”, each with a human body, two sets of wings and cloven feet like that of a calf. Each creature had four faces, of a man, lion, ox and eagle, understood esoterically to represent the four seasons and elements. The man is Aquarius or air, the lion is Leo or fire, the ox is Taurus or earth, and the eagle is Scorpio or water. The four wings are the four winds.

The creatures are set on wheels, each like “a wheel inside a wheel,” referring to the intersection of the zodiac and the celestial equator.

メルカバの目的は至高神との融合にある。旧約『エゼキエル書』第1章には「神のチャリオット(戦車)」の幻視が出てくる。

チャリオットを支えているのは人の体をし、2組の翼をもった4つの生き物だ。生き物はそれぞれ人、ライオン、雄牛、鷲の顔をもち、秘教では四季と四大元素をあらわすと考えられている。人は水瓶座(空気)、ライオンは獅子座(火)、雄牛は牡牛座(地)、鷲は蠍座(水)であり、4つの翼は4つの風である。

生き物は車輪をつけ、「車輪の中にもうひとつ車輪がある」構造をしている。これは黄道帯と天の赤道の交点を意味している。

エゼキエル(左端)の「聖なるチャリオット」幻視(出典:https://collectivus.org/2015/08/31/the-lowdown_-merkabah-the-arts-of-ascension/)


ベン。シラに同じ場面について次の記述がある。

「エゼキエルは栄光の幻を見た。 神がケルビムの車輪の上で示されたものである。」(ベン・シラ集会の書49:8)

また以下の記事にはこうある。

Early Jewish magic and mysticism connected with the palaces of heaven (hekhalot) and the chariot (merkabah) of Elijah by which he was carried up to heaven.

「ユダヤ教初期の魔術・神秘伝統においては、預言者エリヤの戦車(メルカバ)に乗って天宮(ヘーハーロート)を駆け上がり、天へ上る。」

ケルビムとは智天使と呼ばれる天使格付け第二位の天使で、大事なものを守護する天使。失われた契約の箱(Ark of the Covenant、失われたアークとも)の蓋に乗って中身を守っていたのが一対のケルビム。

Cathédrale d'Auch 20

エリヤは謎の預言者。以下の記事に詳しい。

この辺りについては、以下の記事で改めて解説したい。

【文化の重層性11-3】神秘思想補説:ミトラとユダヤ教の大天使メタトロン ※作成中

雅歌(Songs of Solomon)

Merkabah texts involved elaborate anthropomorphic descriptions of God, known as Shiur Komah, which were based on the Song of Solomon. The most important of all Kabbalistic texts, and from which most of its symbolism is derived, the Song of Solomon, or Song of Songs, is a collection of love poems spoken alternately by a man and a woman, a number of which describe the beauty and excellence of the beloved.

To Rabbi Akiva, the great exponent of Merkabah, as for later Jews, the Song was regarded as an allegory, interpreted as a dialogue of love between the Shekinah, the nation of the Israelites, with whom God has made His sacred covenant, and God. The beloved, or the Shekinah, is the Kabbalah’s interpretation of the goddess. In the Song she is described as bride, daughter and sister. Originally, she is the planet Venus, the goddess of love and war of Antiquity.

メルカバ文献では、『雅歌』に基づいて、神を人の似姿(Shiur Komah)で詳しく記述している。『雅歌』はカバラ関連文献の中で最も重要度が高く、神秘思想のシンボリズムの大半の出元である。全体は男と女が、愛されし者の美しさと素晴らしさを交互に歌い上げる詩文で構成されている。

メルカバの偉大な主唱者ラビ・アキバ(律法学者アキバ・ベン・ヨセフ)によれば、『雅歌』は、神が聖なる盟約を交わしたイスラエル人の国シャカイナと、神自身の対話を寓意的に表現したものである。カバラの解釈では女神は、愛されし者すなわちシャカイナのことだ。「雅歌」において女神は花嫁、娘、妹として描かれるが、本来この女神は、太古の愛と戦いの女神・金星を意味した。

If Mithraism was developed for the House of Commagene, then the Kabbalistic elements of Merkabah found in it must have been introduced by the House of Herod. Herod Agrippa also gave special favor to the Essenes.

ミトラス教がコンマゲネ王家向けに制作されたものとするなら、ミトラス教に含まれるメルカバのカバラ的要素はヘロデ家がもたらしたはずだ。事実、ヘロデ・アグリッパ1世はエッケネ派を優遇していたという。


以上を読んだだけではメルカバ神秘思想やカバラとは何なのかわかりにくいと思うので、以下の補足記事を用意している。ご興味があれば参照していただきたい。

※現在作成中、随時アップ予定

【文化の重層性11-1】神秘思想補説:カバラの基本はアインとエイン・ソフ

カバラ哲学の基本的概念について説明している。

【文化の重層性11-2】神秘思想補説:メルカバによるアセンションとは何か?

これはYouTubeで公開されている解説動画の英語を和訳したもの。アセンションは、いわゆる精神世界、スピリチュアルと呼ばれるジャンルではごく一般的な概念だが、メルカバ思想はその源流に当たる。

【文化の重層性11-3】神秘思想補説:ミトラとユダヤ教の大天使メタトロン

メルカバ思想についてミトラ教の専門家・東條真人氏の解説で紹介する。

【文化の重層性11-4】神秘思想補説:ユングとグノーシス、ユングとミトラス秘儀

有名な心理学者グスタフ・ユングは学者であるとともに神秘思想や錬金術の研究家でもあった。というより、心理学者としてのユングは神秘主義的思想家の外装であったといえる。

【文化の重層性11-5】神秘思想補説:なぜユングとフロイトは訣別したのか?

ユングはフロイトに私淑し、親しくその教えを受けていたが、次第に埋めがたい志向性の違いを感じ、師と決別する。様々な理由のうち見逃せないのが、ユングのミトラス秘儀、とくにそのイニシエーションへのこだわりである。

ミトラス秘儀のローマ進出

ミトラス秘儀の本質はオカルト秘儀と皇帝崇拝の結合

Through the influence of the priest-kings of Emesa, Mithraism retained its roots in Baal worship. Essentially, the Mithraic mysteries combined the occult mystery rites originally practiced in Babylon, and adapted by the Magi, to the worship of the emperor, as a personification of their god the Sun. Through the influence of the Commagenian dynasty, this cult retained its Persian themes, but visualized its god Mithras in the physical form of Alexander the Great, their progenitor.

ミトラス教には、シリアのエメサ司祭王の影響でバール信仰の要素が残存している。しかし本質的には、マギがバビロンから導入したオカルト秘儀と、太陽神の擬人化による皇帝崇拝が習合したものと考えればよい。コンマゲネ朝の影響でペルシャ的主題を内部に留めているものの、ミトラ神の具象表現には開祖アレクサンダー大王の似姿を用いたのである。

メルカバ思想の導入

The ascent through the seven “palaces”, or planets, of Merkabah mysticism seems to have been introduced to the primitive mystery rites the heretical Magi, forming the Roman Mysteries of Mithras, spread far and wide by the Roman soldiers, and through Mithraism, to the other schools of Hellenistic mysticism. Ezekiel’s vision held striking similarities to the Mithraic image of the Leontocephalus, as well as to the Orphic Phanes.

マギの原始的秘教儀式にはさらに、メルカバ神秘主義の七宮(天体)アセンション思想が採り入れられ、ローマのミトラス秘儀が完成した。ローマ兵士が各地へ広めるとともに、ミトラス秘儀はヘレニズム世界の他の神秘思想にも採り入れられていった。その証拠に、エゼキエルのビジョンはミトラス教のレオントセファルスのイメージや、オルフェウス教のファネスのイメージに驚くほど似ている。

視覚表現としてのファネスとレオントセファルス

According to the Orphic Theogonies, Phanes, identified with Kronos, or Time, and equated with Saturn, is described as “a serpent having heads growing upon him of a bull and a lion, and in the middle the face of a god; and he has also wings upon his shoulders, and is called ageless Time, and Herakles the same.”

オルフェウス神学によれば、ファネスはクロノス(時間、永遠の神)と同一であり、サトゥルヌスに比定される。ファネスの上には牛とライオンの頭を持つ蛇が乗り、真ん中に神の顔が来る。肩には翼が生え、不死の時と呼ばれ、ヘラクレスと同一視された。

Much like the “creatures” that support the chariot in Ezekiel, the Leontocephalus is usually depicted as a lion-headed youth, covered in Zodiac signs, with two sets of wings, the feet of a goat, and coiled by a serpent. The Leontocephalus was depicted standing on a globe, on which there are two circles intersecting each other, the “wheel inside a wheel”, which Celsus explained, “is a symbol of the two orbits in heaven, the one being that of the fixed stars and the other that assigned to the planets.”

エゼキエルのチャリオットを牽く「生き物」とよく似たレオントセファルスは獅子頭の若者の姿をしている。彼の周りは天体サインで覆われ、彼は2組の翼と山羊の足を持ち、その胴体には蛇が巻き付いている。レオントセファルスは地球の上に立っている。そこでは2つの円が交叉している(車輪の中にもうひとつの車輪)。古代ローマのケルススによれば、2つの交叉する円は天の2つの軌道の象徴で、1つは不動星の軌道、1つは惑星軌道である。

究極の秘儀表現レオントセファルス

Ultimately, reserved for the highest-ranking members, and representing the ultimate mystery, the Leontocephalus was equated with Mithras, Phanes and Ahriman, the Zoroastrian devil, all as one god. Macrobius recorded that, according to Orpheus: “one Zeus, one Hades [Greek god of the Underworld], one Sun, one Dionysus.”

レオントセファルスは最高位のイニシエートにしか開示されない究極の秘儀を表現している。レオントセファルスには、ミトラ、ファネス、アーリマン(ゾロアスター教の悪魔)がひとつに合体している。ローマの文献学者マクロビウスによると、オルフェウス教のレオントセファルスとは「ひとつのゼウス、ひとつのハデス(ギリシャの冥界の神)、ひとつの太陽、ひとつのディオニソス」である。

Musei Vaticani Leontocephaline11042017.jpg

レオントセファルス(出典:Wikipedia Commons)

The Leontocephalus has also been identified with Saturn. In Armenian texts Saturn is called Zurvan, and according to Ptolemy, the people of Persia and Mesopotamia “worship the star of Aphrodite [Venus], naming it Isis, and the star of Kronos [Saturn] as Mithras Helios.” Saturn, known as the nocturnal Sun, and “Pluto”, Porphyry explained, “is the Sun going beneath the earth and voyaging round the invisible world…”

レオントセファルスはまたサトゥルヌスの同一神ともいわれる。またアルメニア文献ではズルワーンと呼ばれたが、ギリシャの天文学者プトレマイオスによれば、ペルシャとメソポタミアの民は「アフロディーテの星(金星)をイシスと呼んで崇拝し、クロノス(土星)をミトラス=ヘリオスと呼んで崇拝していた」。土星は夜の太陽ともいわれた。ネオプラトニズムの哲学者ポルピュリオスによれば、「冥王星は地平線の下に沈んだ太陽であり、見えない世界を旅している」のだという。


次回はイルミナティの成立に関する最終回としてキリスト教とグノーシス思想の関係について見ていく。