英語の話一覧

【21世紀の諸問題】ビル・ゲイツのユヴァル・ハラリ新著書評

当サイトでちょくちょく紹介している歴史家ユヴァル・ノア・ハラリ氏が3冊目の本を出版した。今回はその書評をビル・ゲイツ氏が寄せているので紹介しよう。

記事を読む

【西洋倫理学2】量子力学的世界観の到来とヴィルトゥス:潜在力あるいは欲望としての世界

本稿は以下の記事のフォローアップである。 【西洋倫理学1】ヴィルトゥスの変遷に見る「力」と「徳」の伝統 "virtual" は "virtue" から派生したことばだ。これを頼りに "vi...

記事を読む

【西洋倫理学1】ヴィルトゥスの変遷に見る「力」と「徳」の伝統

よくヨーロッパ文明はギリシャ・ローマ文明を母胎とするといわれる。そのことが具体的にわかる例としてラテン語のヴィルトゥス(羅virtus⇒英virtue)の変遷を取り上げたい。ヴィルトゥスは西洋倫理学の...

記事を読む

【名言集】ユリウス・エヴォラと社会正義思想の流行

当サイトは英語サイトにもかかわらず、最近やっとそれらしい学習法記事をいくつかアップした、ひねくれた英語サイトである。今回はひねくれの方へ復帰する。ツイッターに連投したものを改めて紹介したい。みなさんが...

記事を読む

【ポップスで英語を学ぶ】George Michael “Hand to Mouth”:イディオム・句動詞から聖書にまつわる話まで

亡くなってしまったジョージ・マイケルのデビューアルバム『Faith』(1987)に収録されている一曲 "Hand to Mouth" でイディオムや句動詞の勉強をしよう。 ジョージ・マイケル...

記事を読む

【英語学習】英語ネイティブのこころを表わす句動詞:日本語のやまとことばに相当する英語表現の肝

当サイトでは、英語学習の教材として主にポップミュージックの歌詞を用いている。それには理由がある。 ポップミュージックはゲルマン系の語彙を大活躍させて、こころを歌うことが多いからだ。こころの部分が...

記事を読む

【英語学習】英語構文の基礎:ネクサス、そして自動詞・他動詞の区別

たまには英語サイトらしく英語をどうやって勉強したらいいか、ブログ主なりのアドバイスを書こうと思う。 これは早期英語教育に代表される教育 "改悪" へのささやかな異議申し立てである。読み書き偏重、...

記事を読む

【語源学】シュガーはサンスクリット発アラブ経由のラテン系語彙

ものの名前は発祥地にちなむものが多い。シュガー(sugar)はその代表と思われる。今回はシュガーの語源を辿ると、砂糖の伝播ルートがわかるというお話である。 シュガーの語源で辿れる砂糖の伝播ル...

記事を読む

【英語を学ぶ】ラテン系語彙:カルペ・ディエム(carpe diem)と黒澤明『生きる』

関連記事:【英語学】英語は思ったよりラテンなゲルマン系言語 【文化の重層性01】英語は三階建て:1F ゲルマン、2F フランス、3F ローマ 上の記事にも書いたように、英語は三階建てで、語彙の...

記事を読む

【AI関連】ユヴァル・ハラリ氏の略歴と語録

AI未来論で有名な歴史学者ユヴァル・ハラリ氏の略歴と、彼らの思考エッセンスのつまった語録。幸福について、人生の意味について、お金について、テロについて、生物学について、進化する機械の意味について。

記事を読む

【音楽】プリンス “Colonized Mind” ― 植民地根性って?

惜しくも亡くなってしまったプリンスに "Colonized Mind" という曲がある。2009年発売の3枚組アルバムの1枚目 "Lotusflow3r" に収録されている。シンプルな歌詞は鋭利な現代...

記事を読む

【音楽】Steely Danウォルター・ベッカー追悼

投稿:2017年9月下旬(改稿:2018年5月24日) ウォルター・ベッカー(Walter Becker)追悼記事になる。ベッカーはアメリカのスティーリー・ダン(Steely Dan)というバンドの...

記事を読む

【文化の重層性07】揺れ動くヴァチカンとフランシスコ法王インタビュー

ヴァチカンは教皇庁(Roman Curia、Holy Seeとも)を中心とする独立国だ。教皇は全世界のカトリック教会の総司祭であるとともにヴァチカン市国元首でもある。この現代では特殊な祭政一致の体制が...

記事を読む

【文化の重層性01】英語は三階建て:1F ゲルマン、2F フランス、3F ローマ

これから数回に分けて、英語の形成史、哲学の語源、悪魔の語源などを手がかりにして西洋文化の重層性について考えてみたい。 関連記事:英語は思ったよりラテンなゲルマン系言語 【英語を学ぶ】ラテン...

記事を読む

【語源学】リンガ・フランカとは何か?その由来と歴史

(アイキャッチ画像出典:) 英語は現代の国際語(通商語)といわれるが、歴史的タームとしてはリンガ・フランカ(lingua franca)といった方が正確だ。 19世紀頃から英語がリンガ・フ...

記事を読む