【英語学習】おススメできる英会話学習サービスをまとめて紹介する

2018.7.3 子供向けHappy Englishサービスの紹介を追加。

たまには英語サイトらしい記事を提供しようと思い、英語学習サービスを調べてみた。英語学習を強化したい方々、あるいはお子さまの英語教育を考えておられる方々におススメできるものをいくつか選んだので紹介しよう。

興味のあるサービスについては、バナーをクリックしていただければ、事業者のサイトに飛ぶことができる。

スポンサーリンク


英会話学習サービス

カナン・アカデミーの英会話eラーニング講座

(2018.01.08新規追加)

旧「英語とつきあう」でも紹介したeラーニング方式の英会話学習サービス。「ネイティブの考え方まで学ぶことで英語を身につける」という、他にない独自の方法論で開発されたプログラム。

「英会話、いままでいろいろ試したけど、いまひとつ成果があがってない」とお感じの方々には特におススメしたいサービスだ。「成果があがっていない」のは文化背景の違いを無視した教える側の指導方法に問題があったのかもしれない。

以前の紹介記事を改稿しアップしておくので、以下のリンクをたどってほしい。

関連記事「カナンアカデミーの英語eラーニング」

エイゴル:ローコスト高品質のオンライン英会話スクール

(2018.01.08新規追加)

フィリピン在住のプロ家庭教師に対して、生徒募集から代金回収までをサポートする支援サービスとして発祥し、その後、日本へ進出したユニークな英語家庭教師あっせんサービス。

月額、回数ノルマなどはもうけず、一回の受講料は税込み210円と破格の安さ。基本的に生徒側は紹介された家庭教師とオンラインで直接やりとりする方式になっており、余分な仲介事務を交えずローコストを実現している(緊急時や特別な事情がある場合はサポートが入る)。

受講生は10歳未満の子どもから80歳代の高齢者までと幅広い。敷居が低く、気軽に参加できるのだろう。

ALUGO:速習を求めるビジネスパーソン向け

ALUGOは、なるべく「短期間」で英語を喋れるようになりたい「ビジネスパーソン向け」の英会話トレーニングサービス。休み時間などにスマホや携帯からモバイルレッスンを受けることも可能。

当サービスの最大の特長は「アセスメント」システムにあるのではないか。最初に個々人の現状の能力や癖、改善点などをきめ細かくチェックし、カリキュラムをカスタマイズしてくれる。あなたに最適化されたカリキュラムに沿ってレッスンは進んでいく。

2か月、6か月、10か月のプランが用意されており、万が一肌に合わない場合に備えて、30日間全額返金保証付きだ。受講料が高めに設定されているのも自信の表れだろう。

七田式7+English:定評ある英会話学習メソッドの信頼感

既に評価の確立している七田式にもとづく英会話学習教材。

「英語はスポーツと一緒」、学校で教わる文法に囚われて文章を組み立てていたら会話にならない。それより「よく使うフレーズ」を60個だけ覚えれば、たいがいのことは喋れる。合理的かつ効率的なアプローチではないか。この割り切り力は頼もしい。

ボキャブラリーについても歯切れがよい。専門講義や研究発表でもしない限り、日常的には850ワード程度で十分だと言い切る。

ネイティブイングリッシュ:マイペースで聴くと話すを同時制覇

スピーキングとリスニングを同時に身につけるという発想で開発された英会話学習教材。空いた時間に、一回6分間でも生のフレーズを「流し聞き」する。

次に、フレーズを聴いた瞬間に喋るプロセスを練習。聞き取りは通常再生とスロー再生の組み合わせで無理なく理解できるという。バイリンガルスタッフによる無料メール相談も受け付ける。60日間全額返金保証、かつ2年間無料メールサポート付きだ。

プライムイングリッシュ:マイペースの再チャレンジャー向け

プライムイングリッシュは、過去に英語学習で挫折したが再チャレンジしたい人向けの、自習型英会話教材。想定ユーザーは20~60歳代の方々。

カリキュラムについて「骨太の内容」をうたう。現実感と臨場感のあるストーリーが24パターン用意されているという。

「1日30分の勉強を6か月継続する」ことで「片言ではない、文脈にそった英語が口から自然に溢れ出す」ことを目指す。

DMM英会話:万人向け、月額オンラインレッスン制

旬のサービスなのだろう、2017年のランキングは軒並み1位だ。

DMM英会話は自宅に居ながらにして講師とオンラインでリアルタイム・レッスンを受けられるサービス(オンライン予約制)。講師も、ネイティブ、非ネイティブの英語スピーカー、日本人から柔軟に選ぶことができる。

月額制というのもありそうでない特長。本人の進捗度や諸々の状況に合わせて「使い切り」で英語を学べる。

 子供向け英会話サービス

NEW! ハッピーイングリッシュ Happy English

2018.7.3追加

プログラム開発者は上智大大学院卒の日本語堪能な外国人。日本の英語教育の現状を知り尽くし、本人も日本語がわかるからこそ開発できたメソッドが頼もしい。主なポイントは以下の3つだという。

  • 子供が日常生活で楽しんで使えるセンテンス中心の学習。家族や友達との間で「使いたくなる」という点がミソ。関心が持続しなければ英語は身につかない。
  • 子供の体感要素を重視。日本語と違う英語特有のリズムを楽しみながら身につけていく。
  • 子供が話せる実感を持てること。ことばは使えてナンボの世界。いちど「使える英語」を手にしたアドバンテージは大きい。

七田式7+Bilingual:定評ある七田式の子ども向けバージョン

アプローチは上で紹介した7+Englishと同じ七田式。「犬はdog」式の脳内変換作業を挟まず、有意のフレーズをそのまま一単位として教え、子どもの柔軟な頭に働きかけるメソッドだ。当たり前だが、親御さんが英語が喋れなくてもまったく問題ない。

タウンライフ塾/家庭教師探し:授業料、サービス内容、体験授業と事前に必要な情報が手に入る

このサービスは英語学習に限定されていないのだが、林立する学習塾や家庭教師からご自分のお子さんに合ったところはどこか探すとき役立つと思い紹介する。

「うちの子は個別と集団、どちらの方式が合っている?」「どんなサポートが受けられる?受験前の面談?模擬試験は?相談窓口は?」といったお悩みが解消するだけでなく、事前に授業料や教材内容などもチェックできる。

実際にお試し授業を予約できるのはありがたいサービスではないだろうか。