英語一覧

【文化の重層性06】ヴァチカンのリベラル路線と三位一体論

前回、ヨーロッパ保守知識人の危機意識を紹介したが、長い間、ヨーロッパの精神的支柱であったローマカトリック教会も心中穏やかならざる点は同じ。身から出た錆とはいえ、近年のスキャンダル噴出は目を覆うばかり。...

記事を読む

【文化の重層性02】世界観モデルとしてのミュトスとロゴス

以前の記事でロゴス(ギリシャ語、logos)について書いた。 関連記事:深淵について03 ― カーリーとロゴスと現代社会 ロゴスは西洋文化の第一層を支える強力基盤である。欧米人がギリシャを...

記事を読む

【文化の重層性01】英語は三階建て:1F ゲルマン、2F フランス、3F ローマ

これから数回に分けて、英語の形成史、哲学の語源、悪魔の語源などを手がかりにして西洋文化の重層性について考えてみたい。 関連記事:英語は思ったよりラテンなゲルマン系言語 文化の三層構造 ...

記事を読む

【時事】東アジアの戦後秩序が変わる

今回はアメリカネタである。 当サイトではアメリカ情報の氾濫を手助けする必要もないと考え、意図的にかの国の話題を避けてきたが、そうもいっていられない事態が進行し始めた。アメリカが中国潰しに本気...

記事を読む

【英日対照で読む21世紀政治学】グローバル化時代のナショナリズム(2018.3.10ハラリ氏講演)

つい先日インディア・トゥデイ・コンクラーヴェ2018という国際会議が開かれていた。そのなかで、おなじみの歴史学者ユヴァル・ノア・ハラリ氏が行った講演(2018.3.10)を英日対訳でお届けしよう。 ...

記事を読む

【語源学】リンガ・フランカとは何か?その由来と歴史

英語は現代の国際語(通商語)といわれるが、歴史的タームとしてはリンガ・フランカ(lingua franca)といった方が正確だ。 19世紀頃から英語がリンガ・フランカ化した最大要因は経済であ...

記事を読む

【時事】#MeToo・#TimesUpムーヴメントとワインスタイン効果

今回は「深淵について」シリーズからのスピンオフ投稿になる。 このシリーズ記事を書いたきっかけはゴールデングローブ賞の授賞式の写真だった。例年なら露出度を競うアメリカ女優たちが揃いも揃って黒ず...

記事を読む

【語源学】深淵について03 ― カーリーとロゴスと現代社会

女神の中の女神カーリー 女性性の根源を探っていくと、そこに立ち現れてくるのはインドの黒き女神カーリーだ。Kaliの語源は「黒い、青黒い」もしくは「時間」。いずれも始原の深淵(原初...

記事を読む

【語源学】 深淵について02 ― ティアマットと母権社会の記憶

テホム(tehom) wikipediaの説明を見てみよう。 Tehom, literally the Deep or Abyss (Greek Septuagint: abyssos...

記事を読む

【語源学】深淵について01 ― abyss と tehom

今回からabyssを手がかりに、ユダヤ・欧米世界の深部を知る探求を行いたいと思う。 abyssの来歴 まずは語源から見ていこう。 The current form in Engl...

記事を読む

【音楽】U2:Sheとは誰なのか?主人公は何を「待っている」のか?

多義的な名曲 "With or Without You" 今日はU2の名曲 "With or Without You" をとり上げよう。 この曲は削ぎ落された歌詞で出来ているので様々な...

記事を読む

【金融の歴史04】金貸しとテンプル騎士団

表向きはエルサレム巡礼者の保護を目的に組織された義勇軍であるテンプル騎士団(Knights Templar、正式名「キリストとソロモン神殿の貧しき戦友たち」)。 しかし兵士のうち実戦に赴く者はご...

記事を読む

【金融の歴史03】高利貸しのタブーが解かれたのはなぜか?金貸しへの抵抗感の消失(最終回)

前回、前々回に続き、高利貸しに対する考え方の変化を追っていこう。

記事を読む

【金融の歴史02】高利貸しのタブーが解かれたのはなぜか?金貸しへの抵抗感の消失(続)

前回に続き、高利貸しに対する考え方の変化を追っていこう。 金貸しはいかにして罪であることをやめ、社会的信用のある仕事になったのか? テンプル騎士団と金融の普及 Even while ...

記事を読む

【金融の歴史01】高利貸しのタブーが解かれたのはなぜか?金貸しへの抵抗感の消失

今回から数回にわたって金融の歴史について考えてみたいと思う。

記事を読む