語源学一覧

【語源学の旅】ミトラ教02:キリスト教のクリスマスは冬至の祭?

引き続きミトラ教について、今度は違うイラン人の書いた英文(部分)をネタに話を進めよう。ミトラを介してキリスト教へ流れ込んだものとは何かが大事なのである。 アブラハム宗教は多くをイランの古代宗...

記事を読む

【語源学の旅】ミトラ教01:東西宗教に溶け込んだ謎の神

2018.6.4 全面改稿 古代イランが生んだ神ミトラ(mithra、インドではmitra)という神は "溶け込む神" だ。ほとんど正体不明だが、どこにでも溶け込んでいてその影響は広く大きい。 ...

記事を読む

【語源学の旅】古代オリエントとヘブライ的思考

マネーの起源の探求に始まった語源学の旅は、capitalの一語を媒介にして古代の雄牛信仰に出会った。今回からは古代オリエント世界、その中で知識が不足しがちなインド・イラン系の宗教に注目していきたい。 ...

記事を読む

【語源学の旅】”money” の来歴03:地母神とお金の起源

三相一体の女神たち ユーノー(Juno)は古代ローマにおいて国母といえるような特別の扱いを受ける女神だった。カピトリヌスの神殿にはユーピテル(Jupitar)、ミネルヴァ(Min...

記事を読む

【語源学の旅】”money” の来歴02:ユーノー神

守り神としてのユーノー(Juno) 前回で "money" の語源が "moneta" にあることがわかった。モネータとしてのユーノーはその警告(予知)能力を駆使してローマ軍を勝利に導いた。戦利...

記事を読む

【語源学の旅】”money” の来歴01:インド・ヨーロッパ語族の話

英語の money ということばの語源を探る。神の名前に由来するとわかると、そこからさらに古い時代の話へ展開していく。

記事を読む