語源一覧

【語源学】シュガーはサンスクリット発アラブ経由のラテン系語彙

ものの名前は発祥地にちなむものが多い。シュガー(sugar)はその代表と思われる。今回はシュガーの語源を辿ると、砂糖の伝播ルートがわかるというお話である。 シュガーの語源で辿れる砂糖の伝播ル...

記事を読む

【サタンの語源学02】悪魔の発明者ザラスシュトラとユダヤ教の概念操作

※本記事は【サタンの語源学01】ローリング・ストーンズ「悪魔を憐れむ歌」と太宰治「誰」の続きです。 イケメンのいい人だけでドラマは作れない。ヒールか悪女がいて面白くなる。同様に、もしキリスト教や...

記事を読む

【語源学】リンガ・フランカとは何か?その由来と歴史

(アイキャッチ画像出典:) 英語は現代の国際語(通商語)といわれるが、歴史的タームとしてはリンガ・フランカ(lingua franca)といった方が正確だ。 19世紀頃から英語がリンガ・フ...

記事を読む

【語源学の旅】ミトラ教01:東西宗教に溶け込んだ謎の神

2018.6.4 全面改稿 古代イランが生んだ神ミトラ(mithra、インドではmitra)という神は "溶け込む神" だ。ほとんど正体不明だが、どこにでも溶け込んでいてその影響は広く大きい。 ...

記事を読む

【語源学の旅】”money” の来歴03:地母神とお金の起源

三相一体の女神たち ユーノー(Juno)は古代ローマにおいて国母といえるような特別の扱いを受ける女神だった。カピトリヌスの神殿にはユーピテル(Jupitar)、ミネルヴァ(Min...

記事を読む

【語源学の旅】”money” の来歴02:ユーノー神

守り神としてのユーノー(Juno) 前回で "money" の語源が "moneta" にあることがわかった。モネータとしてのユーノーはその警告(予知)能力を駆使してローマ軍を勝利に導いた。戦利...

記事を読む

【語源学の旅】”money” の来歴01:インド・ヨーロッパ語族の話

英語の money ということばの語源を探る。神の名前に由来するとわかると、そこからさらに古い時代の話へ展開していく。

記事を読む