宗教, 政治・社会, 文明文化の話, 歴史, 英語の話

アメリカ社会は奴隷制の影をずっと引きずっています。奴隷制は経済史的に見れば、安い労働力で綿花を生産し ...

政治・社会, 文明文化の話

新自由主義は全体主義運動です。共産主義と変わりません。大量に生み出される不遇者の雇用対策として戦争が ...

政治・社会, 英語の話

なぜ現代がアングロサクソン(英米)の時代になったのかを探る2回目となります(初回記事はこちら)。今回 ...

政治・社会, 文明文化の話, 英語の話

19世紀以降はアングロサクソンの時代です。そうなった秘密は何でしょう? それを探るために、今回から英 ...

政治・社会, 時事ネタ

人口は増えるもの―、経済は成長するもの―。誰もがそう考えたとき、時計の振り子はすでに逆に振れ出してい ...

政治・社会, 時事ネタ, 歴史

ブログ主の仕事の都合ですっかり更新の途絶えており申し訳ありません。本記事も英語とは直接関係しません。 ...

政治・社会, 日本, 時事ネタ

本業で時間がとれないので短い記事になります。 安倍政権の危険運転が止まりません。オリンピックや少子化 ...

政治・社会, 時事ネタ, 英語の話

アメリカ中間選挙の大勢が判明し、共和党支持の安定を示した。ちょうどいい機会なので左派の政権批判コラム ...

Web紀行, 宗教, 政治・社会, 文明文化の話, 時事ネタ

ウクライナ独立の動きは政治マターから宗教マターへ展開し始めた。正教会という精神的紐帯の破壊を狙ったC ...

政治・社会, 時事ネタ, 英語の話

ペンス大統領がハドソン研究所で行ったスピーチは米中冷戦の宣戦布告ともとれる重要な内容だ。世界情勢と英 ...

Web紀行, 政治・社会, 歴史

ブレクジット問題にアイルランドが揺れている。20年前、ノーベル平和賞受賞者まで出した歴史的なベルファ ...

宗教, 政治・社会, 文明文化の話

日本で意外に知られていないのがアメリカという国の宗教的特殊性だ。日本がかつて戦ったのはとんでもなく ...

政治・社会, 文明文化の話

前回紹介したのは、ドラッカーがキルケゴールに学んだ人間の実存の定義だった。人間は社会的存在であると同 ...

政治・社会, 文明文化の話

ドラッカーといえばマネジメント。企業経営を学問に高めた人である。ドラッカーの著作はすべて企業や未来社 ...

AI・自動化, 政治・社会, 文明文化の話, 英語の話

当サイトでちょくちょく紹介している歴史家ユヴァル・ノア・ハラリ氏が3冊目の本を出版した。今回はその書 ...