供犠一覧

【貨幣考】お金の起源は商品?負債?人間の自己の仕組みと深いつながり?

お金は不思議だ。それが何かを人間は知らない。知らないけれど毎日使っている。お金に使われてもいる。今回は、そのお金が人間の自己(アイデンティティ)の本質と密接に関わっているというお話である。そうである以...

記事を読む

【日本の宗教】ラフカディオ・ハーンが感じた日本宗教の本質

※本記事は以下の記事のフォローアップです。 関連記事: 【英語で読む日本人と宗教01】”最も信心深い無宗教国家” 【英語で読む日本人の宗教02】個々人に織り込まれた宗教性 小泉八雲こと...

記事を読む

【文化の重層性11】サクラメント・ゲルマンvsユダヤ・共苦思想

サクラメントの二大典礼―洗礼とユーカリスト(聖餐)。ユーカリスト、聖体拝領、供犠。ショーペンハウアー、ワーグナーに見る近代批判、ゲルマン精神とユダヤ思想の相克。

記事を読む

【文化の重層性10-3】イルミナティと神秘思想:サンヘドリン乗っ取りとパウロの活躍

光の堕天使ルシファー。その光にあやかって啓蒙(光の中に入るが原義)と名づけられた神への反逆運動。王家の廃絶、四民平等、自由の拡大、欲望の充足、民主主義、組織宗教への軽蔑など・・・すべて現代で当たり前になっている思想ばかり。彼らルシフェリアンは何を目指しているのか?

記事を読む