自我一覧

【神秘思想と現代】ユングの心理学とグノーシス主義02

(アイキャッチ画像はユング夫妻。出典: ) 前回に引き続き、以下の英文記事に沿って進める。 この記事の肝は「ユングの深層心理学はグノーシス思想の現代的翻案である」というところにある。ユング...

記事を読む

【神秘思想と現代】ユングの心理学とグノーシス主義01

グノーシス的な人間は現代社会でもよく見かける。別に仏門を叩かないかもしれないが、そういう人間はたくさん世間に棲息している。宗教や芸術に関心の向く人はみな多かれ少なかれ "社会不適応" を抱えて生きにくい思いをしているはずだ。グノーシス的なものはけっして人間世界からなくならない。

記事を読む

【英語で読むAI考03】自己意識をもつAIはつくれるか?

前回より引き続き、自己意識をもったAIマシンの話題だ。AI研究者たちは脳の不思議に関して為す術がないようだ。仕方なく「AIもどき」をつくってそれをAIと呼んでいるというのが現状のようである。 ...

記事を読む

【英語で読むAI考02】自己意識をもつAIはつくれるか?

しばらく宗教の話が続いてしまったのでちょっとお休みして、今回から2回に分けてAI関連の話題をお届けしよう。紹介するのはWired.comの「自己意識をもつAIマシンをつくる方法」という記事だ。著者はヒ...

記事を読む

【文化考】"愛" という誤訳:愛のごたまぜ

愛を考える際は間口を広げておかないと自我がプレッシャーを受け暴走しがちになる。ギリシャ時代の聖書はアガペーを重要視した愛を説いていたが、世俗化とともに自己愛、エロスの愛が中心となった。別系統に仏教による愛の警戒がある。日本文化にはこれらがごたまざに入り込んで日本人を混乱させているように思う。

記事を読む