【時事】北朝鮮は “幕末動乱” 入り? Trump as today’s Commodore Perry

スポンサーリンク


北朝鮮問題の焦点は国内問題に移ったか?

兵頭ニ十八さんのコラムが面白かったので、勝手に(少し補足を交えながら)英訳してみた。原文の後に試訳を掲載する。

トランプがやったことは「ペリーの黒船外交」みたいなもん。だからこれから北鮮版「幕末動乱」がスタートする。

まずは攘夷派と開国派の抗争だ。攘夷派は原爆や弾道ミサイルを手放すまいとする。とうぜん、そこには高級軍人グループが含まれる。

ところが軍人グループには弱点がある。「尊王」と一致しないことだ。三代目が「開国」と言っているのだから、それに反対すればもはや「官軍」ではなく「賊軍」でしかない。

だがそうなると有力な賊軍(=反対勢力の軍人グループ)を討伐できる新鋭の「官軍」が必要になる。

まさかそれを腐った韓国政府から提供できるわけはない。沖縄から米海兵隊が北鮮に乗り込み、三代目の錦旗のもと、賊軍を征討することになるのではないだろうか?

敗れた賊軍は竹島に逃れて「五稜郭」として立て籠もるかもしれないが、そのときは自衛隊が行くまでだろう。

Trump’s diplomacy may place North Korea into her version of “Shogunate Turbulence”

The Trump-Kim Jong-un meeting may remind those farmilar with Japan’s modernization story of the arrival of the Commodore Perry’s so-called “black ships” in 1852. As the squadron caused a social upheaval in the final years of the Tokugawa shogunate, North Korea would face a situation torn between those willing to open up the country and those not.

Like the Jōi (“expel the barbarians”) sect in the Bakumatsu era, the North Korea’s military elites would stick to the existing regime as they don’t want to let go of the atomic bombs and ballistic missiles.

But their legitimacy is so weak as, unlike the philosophy behind the Sonnō (“revere the Emperor”) sect, their policy goes against their young leader who basically says, “Let’s open up our country.” If these old-guards insist, they wouldn’t be “loyalist army” anymore; quite the contrary they’d be reactionary “rebels”.

If things turn out like this, Jong-un needs a brand new “loyalist army” to expel the reactionary to successfully disarm as the U.S. demands. There is no way to recruit such a capacity from the spoiled South Korean government.

Chances are good that the Okinawa U.S. Marine Corps would hit the shore and drive the reactionary forces out of North Korea under the banner of the reformist marshal.
Defeated rebels may escape to Takeshima (like Goryōkaku, the last fort for the Northern Coalition rebels against the Meiji Government) to barricade themselves. If so, our Self Defense Forces would take care of the rest.

緩衝地帯の消滅?

アメリカは米韓軍事演習を中止し、”南” を見捨てる気満々だ。この歴史的危機に、”南” は猛烈な事大主義に身を委ね、赤い国の支援の下、自分たち主体の “半島統一” を実現できると目論む。上の文章で「腐った」という表現はそのていたらくを端的に表現している。

日本にとっても、1950年代以降の緩衝地帯(buffer zone)が消え去るかもしれない歴史的転換点。赤い国がほくそ笑んでいる間に、米朝が “さしの会談” で赤い国包囲網について合意してくれているとありがたいのだが・・・、”音無し” の安倍外交の狙いもそちらにあるはず。

日米主導で一気に北を取り込む一大チャンスだ。彼の中に流れる何分の一かの日本の血が、彼をして賢明な判断に就かせることを願う。

関連記事【時事】東アジアの戦後秩序が変わる