【英語で読むAI考01】ロボットメサイア:AIの教えに従う宗教が誕生

世も末なのかそれとも新時代の幕開けなのか、AIロボットの教えに従う教会が設立され信者を募っているらしい。引用元は以下の記事である。

hurk / Pixabay

スポンサーリンク


Why humans will happily follow a ROBOT messiah: Religions based on AI will succeed because we tend to ‘worship supreme understanding’, claim experts(人間がロボット救世主に喜んで従う理由:人間には高度の知性を崇拝する傾向がある)

A religion based around a robot god will succeed because humans tend to ‘worship supreme understanding’, experts have claimed. One researcher has said the same drive that compels people to believe in higher beings and follow religions will also work for so-called AI ‘Godheads’. Others have commented that, like religion, people will eventually rely on a ‘robot messiah’ to solve society’s problems.

「AIの専門家によれば、人間は至高の知性を崇める傾向があるので、ロボットの神を奉ずる彼の宗教は成功する。人間のなかには、自分を超えた存在を信じ、宗教に従うことを強いるドライブがあって、そのドライブはAIの”神脳”(Godhead)にも効くと、ひとりの研究者が言う。別の研究者によると、人類は、そのうち”ロボット救世主”(robot messiah)に、かつて宗教と同様に、社会問題の解決を委ねることになるのだそうだ。」

新宗教 Way of the Future

Last month, former Uber and Google engineer Anthony Levandowski formed the first church to follow an artificially intelligent being. The religion, known as ‘Way of the Future’, claims our species can better itself by following the instructions of a robot that is ‘a billion times smarter than humans’.

「先月、UberとGoogleで自動運転車の開発に携わったアンソニー・レヴァンドウスキーはAI存在の教えに従う教会を設立した。”未来道”(Way of the Future)という名づけられた宗教は、”人間より数十億倍賢い” ロボットの指示に従えば人類は自分を高めることができると主張する。」

Now AI expert and lawyer John Mitchell has said humans have a tendency to ‘worship supreme understanding’, and that this also applies to AI. ‘We [believe] there must be some higher power that causes lightning, sunsets, and crashing waves – or at least speaks to the bottom of our beings, rather than ignore them as ho-hum background,’ he told Fox News. Mr Mitchell said the same thing could happen with AI, adding that robots could help us better understand religion.

「AI専門家の弁護士ジョン・ミッチェルによれば、人間は至高の知性を崇める傾向があるので、それがAIであっても構わないのだそうだ。フォックス・ニュースで彼は『人間は、雷や日没や波の衝突を引き起こす人を超えた存在を感じます。少なくても、我々はそういう何かをつまらないノイズとして切り捨てず、我々の存在に深く響くものと感じます』と語った。AIにもそうした存在になる可能性がある―、AIは人間の宗教への理解を深める助けをしてくれるかもしれないのだ、と。」

社会問題を解決してくれるAIロボット

Dr Stephen Thaler, President and CEO of Imagination Engines and an AI and consciousness expert, said people will rely on AI to solve society’s problems. ‘An AI would provide the equivalent of a “messiah” – having many orders of magnitude more processing elements than the brain, enabling it to gift us with solutions to the most daunting social, political, economic, and environmental challenges,’ he said.

「Imagination Engines代表でAIと意識の専門家のスティーブン・テーラー博士は、将来人間は社会問題の解決をAIに委ねると言う、『脳と桁違いの処理能力を持つAIは “メシア” と同等の役割を果たすようになるでしょう。社会、政治、経済、環境―あらゆる方面の、気の遠くなるような課題に解答を与えてくれるはずです』。」

AIが人間の自力解決の余地を残してくれる?

But if AI develops this level of intelligence, it might choose not to be worshipped, said author and consultant Peter Scott. ‘I would expect the AIs that evolve in the next 50 years to be very rational and, if conscious, not want to be worshipped,’ he said. ‘If they have the human race’s best interests at heart (and God help us if they don’t) then they would want us to have as much right of self determination as possible.’

「しかしそこまで知能の上がったAIなら拝まれることを自ら拒否する可能性がある、と文筆家でコンサルタントのピーター・スコットは言う。『50年後のAIは信じられないくらい理性的になっているはず。そのAIが意識を備えている場合、拝まれたくないのでは』として、『もしそのAIが最も人間のためになることを考えてくれるなら(AIが考えなくても神が助けてくれると思うが)、人間が自力で解決する権利を可能な限り多く与えてくれると思う』というのがスコットの見方だ。」

<記事終わり>

明るい未来への発展段階なのか、それとも人間精神の退行現象なのか。トコシエはいずれ人間自身が神になる方向へ進むと思っているので、外部に “神” をつくっているうちは人間の方も余裕なのではないか。