宗教一覧

【金融の歴史03】高利貸しのタブーが解かれた理由(最終回)

前回、前々回に続き、高利貸しに対する考え方の変化を追っていこう。

記事を読む

【金融の歴史02】高利貸しのタブーが解かれた理由(続)・カネにまつわる名言集

前回に続き、高利貸しに対する考え方の変化を追っていこう。 金貸しはいかにして罪であることをやめ、社会的信用のある仕事になったのか? テンプル騎士団と金融の普及 Even while ...

記事を読む

【金融の歴史01】高利貸しのタブーが解かれたのはなぜか?金貸しへの抵抗感の消失

利子は長く禁止されていた。その禁止が説かれた瞬間、パンドラの箱が開いた。仮想通貨には利子がつかない。フィアットマネーではなくゴールドに「わざと」似せてあるからだ。この「わざと」の意図を知るには中世以来の金融史を知っておく必要がある。

記事を読む

【文明考】人類最初の文明は西アフリカのナイジェリアにあった?

2018.5.30 追記 今回は人類史の常識を覆すような仮説を紹介する。人類文明は西アフリカのナイジェリアで発祥し、その後、エジプトや中東・地中海世界へ伝播されたという主張である。

記事を読む

【政治】ナショナリズムvsグローバリズム論の虚妄?

引用する記事は、昨年イギリスがEU離脱を決め、トランプ大統領が誕生して以来、通奏低音のように響いている「グローバリズムかナショナリズムか」について通常とは異なる切り口から論じている。 出典:Wh...

記事を読む

【2018年初】マネーゴッド時代の日本人の役割

私たちは否応なく「宗教と政治がカネに覇権を譲った英語中心の世界」に生きていくしかありません。そんな時代に英語を学ぶことの意味は?日本人はどうしたらいいのか考えます。

記事を読む

【一神教】シリーズ記事全面改稿中(いったん非公開とし後日再アップ予定)

2018.6.14 記 一神教への道(一神教の病理)と題してシリーズ記事を公開していたが、大風呂敷を広げすぎたかなと思っている。 その後勉強を重ねていくうちに内容に不備と不足を感じるようになっ...

記事を読む

【語源学の旅】ミトラ教02:キリスト教のクリスマスは冬至の祭?

引き続きミトラ教について、今度は違うイラン人の書いた英文(部分)をネタに話を進めよう。ミトラを介してキリスト教へ流れ込んだものとは何かが大事なのである。 アブラハム宗教は多くをイランの古代宗...

記事を読む

【語源学の旅】ミトラ教01:東西宗教に溶け込んだ謎の神

2018.6.4 全面改稿 古代イランが生んだ神ミトラ(mithra、インドではmitra)という神は "溶け込む神" だ。ほとんど正体不明だが、どこにでも溶け込んでいてその影響は広く大きい。 ...

記事を読む

【英語で読むAI考01】ロボットメサイア:AIの教えに従う宗教が誕生

世も末なのかそれとも新時代の幕開けなのか、AIロボットの教えに従う教会が設立され信者を募っているらしい。引用元は以下の記事である。 Why humans will happily f...

記事を読む

【語源学の旅】古代オリエントとヘブライ的思考

マネーの起源の探求に始まった語源学の旅は、capitalの一語を媒介にして古代の雄牛信仰に出会った。今回からは古代オリエント世界、その中で知識が不足しがちなインド・イラン系の宗教に注目していきたい。 ...

記事を読む

【英語の話】皇室を表現する英語:三島自決の日に

1970年の今日11月25日、三島由紀夫が市ヶ谷の自衛隊で自決した。彼の遺志を酌み、今日は皇室にまつわる英語表現を学ぼう。 グローバル化する世界において、今後、天皇にスポットライトが当た...

記事を読む

【文化考】芥川龍之介「神神の微笑」と無思想の思想

芥川龍之介に「神神の微笑」という小品がある。近世のキリスト教布教を扱ったキリシタン物といわれる作品群のひとつだ。 主人公のポルトガル人宣教師オルガンティノは布教を続けながらも、日本の宗教風土に漠とし...

記事を読む

【文化考】"愛" という誤訳:愛のごたまぜ

愛を考える際は間口を広げておかないと自我がプレッシャーを受け暴走しがちになる。ギリシャ時代の聖書はアガペーを重要視した愛を説いていたが、世俗化とともに自己愛、エロスの愛が中心となった。別系統に仏教による愛の警戒がある。日本文化にはこれらがごたまざに入り込んで日本人を混乱させているように思う。

記事を読む

【英語で読む日本人の宗教02】個々人に織り込まれた宗教性

多くの文明史学者が日本を独自文明と位置づけるのはなぜか。彼らにとって宗教とは選び取らされるもの。日本人にとって宗教はそこへ生まれ出るもの。

記事を読む