宗教一覧

【西洋倫理学1】ヴィルトゥスの変遷に見る「力」と「徳」の伝統

よくヨーロッパ文明はギリシャ・ローマ文明を母胎とするといわれる。そのことが具体的にわかる例としてラテン語のヴィルトゥス(羅virtus⇒英virtue)の変遷を取り上げたい。ヴィルトゥスは西洋倫理学の...

記事を読む

【少子高齢化考】”300年後の日本人口は300人”? 衝撃の未来を覆せるのは「たおやめぶり」の新生日本

これは珍しく社会問題を考える記事。だが本意は日本の未来を考えることにある。ネタは少子高齢化。誰が見ても大問題なのだが、注意したいのは、それは本質的に政治問題ではないこと。自然の趨勢がそうなっているので...

記事を読む

【音楽】 Queen “Bohemian Rhapsody” とボヘミアンの “他人事感”

「ボヘミアン・ラプソディ」は、西洋詩の伝統と西洋音楽の伝統を6分間に圧縮したような曲である。ここに歌われている「ボヘミアン」は、現代人に通有するセンチメントの表出であるとともに、フレディ・マーキュリー個人が抱えていた故郷喪失者の「他人事感」の表白でもあると思う。

記事を読む

【ポップスで英語を学ぶ】George Michael “Hand to Mouth”:イディオム・句動詞から聖書にまつわる話まで

亡くなってしまったジョージ・マイケルのデビューアルバム『Faith』(1987)に収録されている一曲 "Hand to Mouth" でイディオムや句動詞の勉強をしよう。 ジョージ・マイケル...

記事を読む

【日本の宗教】ラフカディオ・ハーンが感じた日本宗教の本質

※本記事は以下の記事のフォローアップです。 関連記事: 【英語で読む日本人と宗教01】”最も信心深い無宗教国家” 【英語で読む日本人の宗教02】個々人に織り込まれた宗教性 小泉八雲こと...

記事を読む

【神秘思想と現代】ユングの心理学とグノーシス主義02

(アイキャッチ画像はユング夫妻。出典: ) 前回に引き続き、以下の英文記事に沿って進める。 この記事の肝は「ユングの深層心理学はグノーシス思想の現代的翻案である」というところにある。ユング...

記事を読む

【神秘思想と現代】ユングの心理学とグノーシス主義01

グノーシス的な人間は現代社会でもよく見かける。別に仏門を叩かないかもしれないが、そういう人間はたくさん世間に棲息している。宗教や芸術に関心の向く人はみな多かれ少なかれ "社会不適応" を抱えて生きにくい思いをしているはずだ。グノーシス的なものはけっして人間世界からなくならない。

記事を読む

【サタンの語源学02】悪魔の発明者ザラスシュトラとユダヤ教の概念操作

※本記事は【サタンの語源学01】ローリング・ストーンズ「悪魔を憐れむ歌」と太宰治「誰」の続きです。 イケメンのいい人だけでドラマは作れない。ヒールか悪女がいて面白くなる。同様に、もしキリスト教や...

記事を読む

【英語で日本を説明する】文例集・表現のヒント:自分や日本人の宗教観

宗教をとくに意識せず暮らしている日本人は世界では珍しい存在。多くの日本人は宗教に入っていないし、特定の神や仏を信じていない。でも単純に「無宗教です」でいいのだろうか?誤解を生まないためにも、最低限「真意」を伝える知識を身につけたい。

記事を読む

【AI考】”データイズム” 議論に潜むイデオロギー的誘導

当ブログはハラリ氏マンセーのサイトではない。むしろ「ああ、西洋ではこういう考え方の人々がメインストリームに受け入れられるんだな」という感覚をつかんでほしくて彼のAI、データイズムに関する講演を紹介してきた。主眼は、あくまでも「英語とつきあう」ための知的武装を手助けすることである。

記事を読む

【サタンの語源学01】ローリング・ストーンズ「悪魔を憐れむ歌」と太宰治「誰」

ローリング・ストーンズ「悪魔を憐れむ歌」("Sympathy for the Devil" Rolling Stones)と太宰治の掌編「誰」の記述を手がかりに、サタン、デビル、デーモンの由来と語源を探る。

記事を読む

【文化の重層性11】サクラメント・ゲルマンvsユダヤ・共苦思想

サクラメントの二大典礼―洗礼とユーカリスト(聖餐)。ユーカリスト、聖体拝領、供犠。ショーペンハウアー、ワーグナーに見る近代批判、ゲルマン精神とユダヤ思想の相克。

記事を読む

【文化の重層性10-3】イルミナティと神秘思想:サンヘドリン乗っ取りとパウロの活躍

光の堕天使ルシファー。その光にあやかって啓蒙(光の中に入るが原義)と名づけられた神への反逆運動。王家の廃絶、四民平等、自由の拡大、欲望の充足、民主主義、組織宗教への軽蔑など・・・すべて現代で当たり前になっている思想ばかり。彼らルシフェリアンは何を目指しているのか?

記事を読む

【文化の重層性10-2】イルミナティと神秘思想:カバラの源流メルカバとミトラス秘儀の融合

今回はメルカバとレオントセファルス(獅子頭神)をフィーチャーする。西洋文化の表の顔はキリスト教だが、その裏には異端や異教の烙印を押されつつ滔々と受け継がれてきた神秘思想の伝統がある。それは芸術家のインスピレーション源であるとともに陰謀家たちの隠れ家でもあった。

記事を読む

【文化の重層性10-1】イルミナティと神秘思想:ミトラス秘儀と混血ネットワーク

見えにくい結節点は小アジアのアルメニア系小国コンマゲネか。イルミナティ血脈はヘレニズムの東西混淆文化が生んだようだ。

記事を読む