【TOEIC対策】スコアアップにおススメの専門サービス

2018.7.7 アルクの「TOEIC®対策講座」を追加

TOEIC®対策をしたい社会人や学生のみなさんのために、特徴のあるサービスを3つほど紹介したい。

いずれのサービスも、TOEIC対策に限らず、ビジネスや勉学の現場で英語コミュニケーションの必要に迫られている人たちの役にも立つと思う。

スポンサーリンク


YCS: YouCanSpeakの「スピーキング脳」開発サービス

「スピーキング脳」?

何のこっちゃと思われるかもしれないが、とにかく喋れる脳を作ろうという趣旨のもと開発された「瞬時英語アウトプット能力開発」サービスだ。

英文のブロック化による迅速なアウトプット

英語に限らず、言語というのは基本的な構造(syntax)さえ掴んでしまえば、あとは応用である。YCSのユニークな点は、英語を「名詞」「動詞」「副詞」というブロックに単純化して、その組み合わせですべて済ませてしまおう、という潔さだ。

なぜそんなことをするかといえば、とにかく時短だ。瞬時に使えるアウトプットを引き出すためである。いちいち単語をシリアルに紡いでいくより、ブロックを組み立てる方が圧倒的にレスポンスは速い。

ブログ主にも経験があるのでわかるが、英語のスピーキングは「パッと出てくるようになるまで」のハードルが最も高い。このハードルさえ超えれば、あとは応用とブラッシュアップだ。

・・・とはいえ、YCSのアプローチは文法を無視しているわけではない。ただ言語学者が喜びそうな小難しい文法ジャーゴンを振り回さないだけである。したがって、TOEIC®のスコアアップにも確実に役立つと思う。英文をいとも簡単に捻りだすコツを掴めるはずだからだ。

代入法

YCSの特許出願している独自のブロック化アプローチを代入法と呼ぶそうだ。どんな方法なのか、その詳細については以下のリンクでYCSのサイトへ飛び、確かめてほしい。

彼らは自信をもってこう言っている。

難しく複雑と思われがちな英文でも、いとも簡単にしかも瞬時に作り出し、音声化することができるようになります。これは従来の学校英語教育では考えられない画期的な学習法で、学びの最初の段階から、充実した内容を英語で表現することが出来るようになります。



リクルートのスタディサプリENGLISH

仕事を持っていて忙しい人、とにかく短期間でTOEIC®スコアアップを実現した人向けに特に開発されたオンライン学習型プログラム。一人ひとりの英語力、ニーズ(目標点数)に応じてカスタマイズされる。これを「パーソナルコーチプラン」と呼ぶ。

パーソナルコーチプランのメリット

主に3つある。(1)個人のニーズに合ったプランを作成し、(2)担当コーチに相談したり励まされたりしながらゴールを目指す。(3)学習コンテンツはTOEIC対策に配慮した充実の内容。オンライン、オフラインの両方で利用できる。

カスタマイズされたプランに基づいた学習

TOEIC®独特の出題形式に対応するために「いつ、何を、どれだけやるのか」明確な指針を立てる。「1日1時間以上」「単語100個」など、大変そうな課題にも担当コーチが取り組むに当たっての留意点や、注力ポイントをアドバイスしながらしっかり伴走してくれる。

担当コーチのリアルタイムのやりとり

担当コーチは冷たいシステムではなく、受講者とゴールを目指す伴走者。

  • たとえば、担当コーチから、もっと効果を出していくためのアドバイスや、嬉しい励ましのメッセージをもらえる。日々の学習で生じた疑問や悩み、うまくいかない時の学習時間の調整なども相談できる。スマホのチャット機能が使える人はチャットも利用可能。
  • 時間が取れない場合のプランの優先度の付け方、TOEIC®解答のコツ、コーチは同じ悩みをどう克服したかなど、受講者がつまづきやすいポイントについてもアドバイスがもらえる。
  • 初期の学習方針調整、中間地点の30分面談、初月に2回実施する15分面談など、チャットではニュアンスを伝えづらい部分や、もっと時間をかけて相談したい点も解決できる。

充実した学習コンテンツ

中学英文法のやり直しからハイスコア対策まで、学習ニーズに応じた専用コンテンツが豊富に用意されている。

  • 各パッケージは、頻出パターンの例題などTOEIC®対策に必要な単語・演習問題、解説動画などがひとつにまとめられている。
  • オフラインにも対応。オンラインを離れ、テキスト(印刷物)で要点を振り返りたい、動画のパケット代を気にせず、移動中いつでもどこでも解説を見たいなどのニーズに対応するため、問題演習はテキスト化され、学習フェーズごとに受講者の手元に送付される。



PROGRITの英語コンサルティング・サービス

ビジネス英語のプロフェッショナルによる「コンサルティング」という部分に特徴のある英語学習サービス。ただ出来合いのプログラムを消化するのではなく、コンサルタントとのスクラムでカリキュラムをオーダーメイドし、短期間のうちに最大限の成果に結びつることを目指す。

目的別に、ビジネス英会話コースとTOEI®Cコースに分かれる。スクールは新橋、池袋、神田、新宿、横浜、梅田にある。いずれも駅からアクセスのよい好立地。

理論に裏付けされた独自のオーダーメイド・カリキュラム

短期間で英語カを伸ばすために、応用言語学第二言語習得論をベースに、受講者個々に最適な2ヶ月間のカリキュラムを設計する。専属コンサルタントは受講者個々の課題チェックテストとヒアリングを実施し、現状の英語カを詳しく分析。課題を受講者に明確に提示した上で、その解決に臨んでいく。

学習を中断せない仕組み

英語学習は一人で続けるのは至難の業。そのため、専属コンサルタントは最後まで徹底的に受講者の学習進捗をサポート。英語学習にとどまらず、生活習慣や時間の使い方の見直しまでアドバイスして、カリキュラムの貫徹を手助けしてくれる。

  • 毎日の学習スケジュールの管理
  • 週間面談
  • チャットツールを用いたマンツーマンのコンサルティング

問題解決能力を有する優秀なコンサルタント陣

各コンサルタントは、グローバルな環境で実際に働いた経験を持つビジネス英語のプロ集団。学問としての英語はもちろん、ビジネスの現場に対応可能な生の英語力を有する。

つねに最適な解決策を見つけ出し、受講者各人の潜在的な英語力を最大限引き出してくれる。



アルクの「TOEIC®対策通信講座」サービス

語学サービスの老舗アルクが提供するTOEIC®スコアアップに特化した通信講座。

  • 超入門~900点まで、目標スコア別にコースが用意されている。
  • 各コースは1日約1時間、3~6か月程度のカリキュラムで設計されている。
  • 確実にスコアアップできるよう、目標達成まで学習者が順番に効率良く学べるよう工夫されている。
  • 学習成果を試す無料テストを受けられる。
  • スマホユーザーなら無料専用アプリ「ALCO」を利用して手軽なスマホ学習も可能。

さすがに老舗だけあり、コースやテキストの作りにも、学習の進め方にも、実績から来る余裕が感じられる。人気は600点攻略コース、700点攻略コースあたりのようだ。各コースの詳細については、以下のバナーをクリックして確認してほしい。