【英語で学ぼう仮想通貨12】fedcoin?米政府による仮想通貨の発行とブロックチェーンのインパクト

久しぶりに仮想通貨シリーズの記事をお贈りしたい。

昨年、アメリカの中央銀行FEDが政府の仮想通貨(national cryptocurrency)の発行を検討しているのではないかと噂され始めた。ビットコインの認知が高まるにつれて関心は増すばかりなので、もし法定通貨がデジタル化された場合、どんな感じになるのか紹介しようと思う。引用元はワシントンポストの昨年12月の記事だ。

スポンサーリンク


デジタル法定通貨fedcoinは発行されるのか?

出典Bitcoin is big. But fedcoin is bigger.

(前略)And while many economists are cautioning against excitement about bitcoin — which is caught up in what may be one of the biggest speculative bubbles in history — it’s important to note just how revolutionary the technology may be. Indeed, the technology underlying bitcoin could fundamentally change the way we think of money.

(前略)ビットコイン熱の高まり(実際、史上最大規模の投機バブルになりそうだ)に警鐘を鳴らすエコノミストは多いが、その基盤技術がどれだけ革命的かという点を無視すべきでない。お金に対する通念を根底から覆す可能性があるのだ。

It is only a matter of time before paper money is phased out. Sweden, where about 2 percent of value of transactions are done in cash, may eliminate physical money within five years. Most central banks are working on technologies to power a future digital currency.

紙幣が消滅するのはもはや時間の問題。スウェーデンでは現在、現金が取引全体に占める割合は2%程度だが、今後5年以内に物理媒体での通貨発行をやめるという。世界各国の中銀でも、デジタル通貨の基盤技術を設計もしくは開発中だ。

Bitcoin and other cryptocurrencies are based on a complicated technology known as blockchain, which acts like a digital ledger of all transactions completed with the currency. It’s somewhat similar to the serial number that you can find on every dollar bill, but it actually means something because it makes bitcoin nearly impossible to counterfeit.

ビットコインはじめ仮想通貨の基盤を支えているのはブロックチェーンという複雑な技術だ。これは取引台帳のデジタル版だ。ドル紙幣に印字されている連番のような記録で取引を管理するのだが、ブロックチェーンのすごいところはほぼ偽造を不可能にした点である。

政府がデジタル通貨を使う利点:匿名性がなく隠し持てない

The exploding value of bitcoin has many observers predicting the launch of a U.S.-backed digital cryptocurrency, colloquially known as fedcoin.

And there are many reasons beyond fighting counterfeiting to switch to a digital dollar.

ビットコイン価格の急騰を受け、情報通の間では、アメリカ政府の保証付き仮想通貨(世間ではfedcoinと呼んでいる)の発行が予測され始めた。

実際、偽造防止の目的以外にも、デジタルドルへの移行には多くのメリットがあるのだ。

When was the last time you paid for anything with a $100 bill? Or even a $50? Many retailers won’t even take them. Most ATMs spit out twenties no matter how much you withdraw. And yet 79 percent of U.S. dollars in circulation are represented by $100 bills. Include the $50 notes, and it’s 85 percent.

たとえば、現在100札や50ドル札を使う人は滅多にいない。使おうとしても受け取ってくれない店さえある。いくら引き出しても、ATMから吐き出されるのは20ドル札ばかりだ。にもかかわらずドル流通量の79%は100ドル札だという。50ドル札を加えれば85%である。

So where are all these bills? In black markets. When police first captured infamous drug lord Joaquín “El Chapo” Guzmán, they also discovered a cash hoard including more than $200 million, mainly in $100 notes.

これら高額紙幣はどこに消えたのか?闇市場である。麻薬王の “エルチャボ” ことホアキン・グルマンが逮捕されたとき、ほとんど100ドル札で2,000億ドルを隠し持っていたそうだ。

Cash has the distinct advantage of being anonymous. You can put cash under your mattress or in a vault, and no one knows about it except you.

A national cryptocurrency would make it far more difficult for criminals to hoard money because all transactions would be recorded in the government ledger. If a transaction was deemed illegal, the parties to the transaction could be identified.

This is also true with bitcoin, whose ledger is viewable to anyone. Despite the negative press about bitcoin being used for illegal transactions, bitcoin is not anonymous, and criminals who use it often do not understand that their transactions are being recorded.

確かにキャッシュには匿名性という際立った特徴がある。マットレスの下や金庫に隠しても本人以外にはわからない。

しかし政府の仮想通貨が登場すれば、ありとあらゆる取引は政府の台帳に記録される。犯罪者からすれば、お金を秘匿するのは限りなくむずかしくなるのだ。もし違法取引が疑われれば、取引に関与した人間が誰か割れてしまう。

現行のビットコインでも同じで、台帳は誰でも閲覧できる。ビットコインは不法取引に利用されているという否定的報道があるが、ビットコインには匿名性がない。そのことを知らずにビットコインを使っている犯罪者が多いだけの話なのだ。

政府がデジタル通貨を使う利点:金融政策の弾力性が増す

There is another reason for governments to like the idea of a national cryptocurrency: strengthening the power of monetary policy to help manage the economy.

法定通貨のデジタル化には、金融政策の弾力性を増大させるというメリットもある。

Currently, the Federal Reserve lowers interest rates during tough economic times, but the Fed is practically limited at the zero bound because it is difficult to impose negative interest rates (regardless of whether that would be good policy). Suppose bonds were issued with a negative interest rate of 2 percent, making it expensive for investors to hold them. Who would buy them? Why not hold cash, which has a zero percent interest rate?

With a national cryptocurrency, whose supply is controlled by the central bank, rates can be negative.

現在FEDは経済状況に応じて金利を上げ下げしているが、事実上金利の下限はゼロに抑えられている。政策的妥当性があってもマイナス金利は課しにくい。もし保有の妥当性が感じられないマイナス2%の国債が発行されたら、誰がわざわざ買うだろう。金利ゼロのキャッシュで持っていた方がよくないか。

しかし政府の仮想通貨なら通貨供給は自由度を増し、マイナス金利の適用も選択肢に入ってくるのである。

Worried about deflation in a recession? No longer. A national cryptocurrency such as fedcoin would be able to operationalize Milton Friedman’s famous “helicopter cash” as an alternative strategy to stimulate the economy. A single line of code could instantly put $1,000 into every person’s wallet.

不況時のデフレが心配?心配御無用だ。fedcoinならミルトン・フリードマンの有名な「ヘリコプターマネー」政策で景気を刺激することが即実行可能だ。コンピュータの命令ひとつで、国民一人ひとりのウォレットに一瞬で1,000ドルを振り込める。

引用元:広津もと子衆議院議員サイト

非中央集権化はあくまでも中銀の支店間で行われる

We are seeing an important proof of concept in real time — the meteoric rise in the popularity of bitcoin.

Today, the technology is a niche product akin to gold. It is controlled by no one (in contrast to a central bank cryptocurrency) and has limited ability to process large numbers of transactions.

いま、通貨版の大事な概念実証が日々リアルタイムで目撃されていると思えばいい。ビットコインがあっという間に人気化したのはそのせいだ。

仮想通貨技術はまだゴールドに似たニッチな金融商品の扱いを受けている。中銀が管理する仮想通貨と違って管理する者が存在せず、大量の取引を処理する能力に限界があるからだ。

Fedcoin, by contrast, would be decentralized to various Federal Reserve banks. There would be central control over the money supply, just as we have today, but meanwhile, the technology would offer vast improvements in transaction efficiency. Digital transactions are quick, cheap and potentially a lot more secure than the system we have today.

fedcoinはビットコインとは違う。fedcoinの場合、FEDの支店間で非中央集権的な管理がなされるのだ。現在の通貨と同様に、通貨供給量はあくまで中央で管理される。しかし取引の効率化という面では長足の進歩があるだろう。デジタル取引は高速かつ安価であり、然るべき改良がなされれば現行システムより安全になる。

If the Federal Reserve does adopt its own cryptocurrency someday, it will become a major — and far less volatile — competitor to bitcoin and other digital currencies.

In fact, it’s not clear whether fedcoin would want that competition, and the Fed is in a position to impose a regulatory environment that tilts the playing field. So watch out, bitcoin.

いつの日かfedcoinが発行されることになれば、ビットコインなどのデジタル通貨によって最大の(ずっと価格の安定した)競合通貨になるのは確実だろう。

しかしfedcoinがそのような競争を望むかどうかわからない。中央銀行という性格上、投機の芽を摘むような規制環境を敷くスタンスなのではないかと思う。だから、ビットコインは気をつけないといけない。

As we increasingly move toward a cashless society, the idea of central banks taking advantage of cryptocurrency becomes far more plausible. While non-government-controlled cryptocurrencies will likely survive (gold is not centrally controlled, either), the big idea is blockchain technology. This innovation has applications that will likely soon affect every company and consumer.

キャッシュレス社会が近づくいま、中銀が仮想通貨を採用するというアイディアは現実味を増している。非政府系の仮想通貨も生き残るだろうが(実際、ゴールドは政府が管理していない)、それより社会的にインパクト大なのはブロックチェーン技術の方である。このイノベーションの応用があらゆる会社や消費者に影響を与える日はすぐそこまで来ている。

<引用記事終わり>

ビットコイン潰しが始まるのだろうか?

記事は淡々と書いているが、もしfedcoinが実現すれば、ビットコインなどへの投機熱は一気にしぼむだろう。

国家というものの性格上、為政者に通貨は二つ要らない。金融業者は中抜き手数料を稼げなくなるのでビットコインは歓迎すべからざる客だ。両者の思惑が一致する点はブロックチェーン技術の合法的剽窃による法定通貨化に行き着く。

政府の仮想通貨がフィアットカレンシーになれば、ビットコインの非中央集権とトラストレスという基本思想は骨抜きされ無力化する。記事がブロックチェーン技術の重要性を強調するのは政府への配慮なのではないか。

それから、中央銀行には伝統的にゴールドコンプレックスのようなものがある。金本位制を捨てて今の地位を得た彼らには特別な感情が湧いてくるのだろう。引用記事でも盛んにゴールドとビットコインを同列に論じているが、この辺も政府による観測記事っぽい雰囲気を漂わせていないでもない。

ちなみに、昨年末、FEDのイエレン議長の政策金利決定会合後の記者会見でfedcoinやビットコインに関する質疑があった。その答えを読む限り、FEDはfedcoin発行の予定はないと明言している。ただし研究は続けている、と言っていた。アメリカ以外の政府の動きはかなり慌ただしくなっている。

事がお金に関わるだけに今後の成り行きに注目だ。何かあれば本シリーズでも取り上げようと思う。